日本クリニカルパス学会

Japanese Society for Clinical Pathway

資格認定制度

日本クリニカルパス学会資格認定制度

日本クリニカルパス学会は、「臨床現場における具体的なクリニカルパスの導入・運用および改善を支援する」という目的を掲げています。そのためには、クリニカルパスの質を維持・向上することおよびその人材を育成することが必要です。そこで、資格認定制度を発足させることにしました。

資格は、パス認定士・パス指導者・パス上級指導者の3段階制です。順番に次の段階の資格を取っていくイメージです。それぞれの資格の役割や要件に関しては、資格認定制度概要をご覧ください。平成25年度より教育研修を開始し、第1回の資格認定は平成28年度に行います。

資格を取ることで、それぞれの施設内や地域での活動もしやすくなることと思います。多くの人に資格を取っていただき、日本のクリニカルパスが発展していくことを期待します。

申請前に、必ず平成29年度試験実施要項と申請書作成の手引きをお読みください。

申請に必要な書類一式は、下欄の申請書様式(一式、PDFあるいはWord)から印刷して
ご使用ください。

▲ Top

資格認定制度概要

名称 パス認定士 パス指導者 パス上級指導者
役割 クリニカルパスを正しく作成できる・使用できるための基礎知識の習得と、クリニカルパスの作成・使用の実績のあるものとする。施設あるいは地域において積極的なクリニカルパス活動が求められる。  標準化を図るための知識やPDCAサイクルを回していくなどの知識の習得と、クリニカルパス活動の支援や推進などの実績があるものとする。施設あるいは地域においてクリニカルパス活動を推進するとともに指導的役割を果たすことが求められる。  地域あるいは全国レベルでクリニカルパス活動を先導・推進していく立場にある。クリニカルパスの進化に寄与することが求められる。 
資格申請要件 取得 更新 取得 更新 取得 更新
  学会員 申請時点で
個人会員
個人会員 個人会員
3年以上
個人会員 個人会員
4年以上
個人会員
資格 - パス認定士 パス認定士
(2年以上)
パス指導者 パス指導者 パス上級
指導者
学会発表 過去に
1回以上
5年間に
1回以上
過去に
2回以上
5年間に
1回以上
過去に
5回以上
5年間に
1回以上
論文 - - 過去に
1編以上
- 過去に
5編以上
-
学術集会参加 3年間に
1回以上
5年間に
1回以上
3年間に
1回以上
5年間に
1回以上
- 5年間に
1回以上
教育研修単位  3年間に
20単位

学術集会参加
1回で5単位
5年間に
30単位

学術集会参加
1回で5単位
3年間に
20単位

学術集会参加
1回で5単位
5年間に
30単位

学術集会参加
1回で5単位
- 5年間に
30単位

学術集会参加
1回で5単位
パス作成実績 ○(レポート付き) - - - - -
資格試験 × × × ×
有効期間 5年 5年 5年 5年 5年 5年
学会発表
全国学会・地方学会を問わない
発表形態(ポスター・口演・シンポジウム・講演等)を問わない
主演者のみとする
パス関連の発表
論文
掲載誌を問わない
投稿中は認めない
筆頭著者のみとする
パス関連の論文とし、形式(原著・事例報告等)を問わない
学術集会参加
日本クリニカルパス学会学術集会に限る
開始時期
パス認定士・パス指導者は平成28年、パス上級指導者は平成30年
暫定措置
平成28年・29年に限っては、暫定措置としてパス認定士の資格がなくともパス指導者の資格申請ができる
その際には、上記の要件以外に、パス作成実績を必要とする
その際には、パス資格試験を免除し、書類審査のみとする

▲ Top